●☆☆Huracan LP610-4 Spyder☆☆NEW
最終更新日:2019/02/09(Sat)
 
ガヤルドの後継車であり、ラグジュアリー・スーパー・スポーツカーの新たなベンチマークとなるべき「ウラカン(Huracan)」。ラインアップは、5.2L V10エンジンを搭載する「LP610‐4」は、最高出力8,250rpmで449kW/610馬力、最大トルク560Nm/6.500rpmを発生、自然吸気V型10気筒エンジンを搭載する「LP580‐2」は、最高出力は426kW/580hpおよび最大トルク540Nmを発生。「LP610‐4」は完全電子制御の四輪ドライブシステム、「LP580‐2」は、後輪駆動を設定。トランスミッションは、7速デュアルクラッチ・トランスミッション「ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)」を組み合わせる。今回、「LP610‐4」のオープントップバージョン「LP610‐4スパイダー」を追加。5.2L 自然吸気V型10気筒エンジンを搭載し、最大出力は、449kW/610馬力を発生。「ストップアンドスタートシステム」と「シリンダーオンデマンド」の組み合わせ、さらには運転時の挙動を改善する目的で採用した新電子制御式四輪駆動など、2016モデルイヤーにおけるウラカン・ファミリーの新技術を備えた。軽量の電気油圧式ソフトトップの存在により、ルーフが開閉どちらの状態にあっても独特の存在感を発揮。インテリアには、12.3インチのTFTディスプレイは数種のモードに構成変更が可能で、オプションのナビゲーションマップをはじめとする重要な情報を視覚的に表示。「LP610‐4スパイダー」は左右ハンドル、その他は左ハンドルのみの設定。